Qualityクオリティ

地震や台風にも安心できる強さとメンテナンス機能で快適な暮らしを末長く支える基礎&構造。

安全・安心な建物づくりのために、基礎杭工法や鉄筋コンクリート構造などの建設工程ひとつひとつにこだわりました。
そして、将来のリフォームやメンテナンスに簡単に対応できるよう、
パイプスペースや各種配線スペースに配慮しています。

鉄筋コンクリート構造
耐震性と安全の高さはさまざまな実験データと実績で立証されている鉄筋コンクリート(RC)造を採用。建物を支える構造柱の帯筋は、地震の横揺れに強い溶接閉鎖型帯筋とし、ピッチを100mmにすることでより粘り強い構造と優れた耐震性を実現します。
杭基礎構造
杭の先端を支持地盤となる強固な地層まで打設し,杭先端の支持力及び杭周辺の摩擦抵抗力と先端の支持力によって建物を支えます。※掲載の図は構造を説明するためのイメージ図です。実際の構造について詳しくは担当者にお尋ねください。
ダブル配筋
戸境壁は厚さを増してコンクリート内に鉄筋を二重に組み上げたダブル配筋を採用しました。これにより耐震性及び遮音性に優れています。
二重床・二重天井構造
「床スラブ」とその階下住居の「天井下地」の間に空間を、また、「床スラブ」とその上の「居住部床材」の間にも空間を設ける二重天井・二重床を採用。これにより、ヒートブリッジ部分の断熱材も施工でき、断熱効果が高まります。
コンクリート強度
建物駆体のコンクリートは設計基準強度約27〜42N/㎟としました。水セメント比を55%以下にすることで、中性化がおこりにくい耐久性の高いコンクリートとしています。また、鉄筋コンクリートの劣化対策として、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)にも適切な厚さを確保しています。
パイプスペース
排水管のあるパイプスペースの遮音については、排水管に遮音シートを貼り、排水時の流水音を軽減するように配慮しています。
床スラブ
居室床スラブは厚さ約250〜300mmを確保。小梁を無くし、すっきりとした住空間を実現するボイドスラブ工法を採用(一部除く)。高い剛性により、上下階の住戸への生活音の伝わりを軽減します。※スラブ厚と床構造については部位により異なりますので、詳しくは設計図書でお確かめください。
洗面室・浴室・便所(一部除く)の二重床
排水を床下に行う洗面室・浴室・便所は、他の居室よりも一段下げた上で二重床として、排水管をコンクリートに埋め込まない構造を採用。将来、メンテナンスが必要となった場合などにも対処できるようにしています。
スロップシンク
バルコニーには雑巾や園芸用品を洗うことのできるシンクを設置。室内に持ち込みたくないスニーカーなどの汚れものを洗ったり、観葉植物やプランター菜園などに水やりをしたり。さまざまな用途に役立つ、暮らしに便利な設備です。
フルフラット設計

居室と廊下間はもちろん、和室、水まわりなども段差を極力抑えたフルフラット設計。小さなお子様やご高齢の方にもやさしい暮らしをご提供します。

資料請求 来場予約
お問い合せ・資料のご請求
事業主(売主)昭和住宅

Copyrights © Showa Housing Corporation All Rights Reserved.